すが矯正歯科クリニック | 矯正治療

ORTHODONTIC矯正治療



このような症状はございませんか?

  • 前歯が出ている(出っ歯)前歯が出ている(出っ歯)
  • 下の歯が前に出ている(受け口)下の歯が前に出ている
    (受け口)
  • 前歯が開いてしまう(開咬)前歯が開いてしまう(開咬)
  • 下の歯がほとんど見えない(過蓋咬合)下の歯がほとんど見えない
    (過蓋咬合)
  • 歯並びがでこぼこしている(叢生)歯並びがでこぼこしている
    (叢生)
  • 歯と歯の間に隙間がある(すきっ歯)歯と歯の間に隙間がある
    (すきっ歯)

歯並びが悪いことによるデメリット

むし歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと歯みがきがしにくいため、きちんと磨けずむし歯や歯周病になりやすくなります。
顎の骨へ悪影響を及ぼす
咬み合わせが正しくないと顎の骨が曲がってしまったり、関節がはずれてしまうなどの症状が起きる『顎関節症』という病気にもなり得ます。
発音、滑舌が悪い
歯と歯の間に隙間があったり、歯が正しく生えておらず舌の動きを邪魔していたりするとうまく発音できないことがあります。
肩こりや頭痛などの原因にもなる
咬みあわせが悪いことにより、顎や顔周りの筋肉に正しく力がかからず、肩こりや頭痛、腰痛などの原因にもなります。
見た目が気になる
歯並びがコンプレックスで人前で笑うことが苦手だったり、口元を常に隠したり、精神的な負担も少なくありません。

矯正治療をすることで見た目だけでなく
お口から全身まで健康になる!

裏側矯正(舌側矯正)/フルリンガル・ハーフリンガル

矯正と聞いて連想される『金属の目立つ矯正装置』ではなく、歯の裏側に矯正装置を装着する治療方法です。

周囲からは矯正装置が見えず、見た目を気にせずに矯正治療を行うことができます。 目立つ矯正装置が嫌でなかなか矯正治療に踏み切れなかった方や結婚式などの特別な日にも気にせず過ごすことができる治療方法です。 また、矯正装置を裏側に装着するため、オフィスホワイトニングも同時進行で行うことができ、より綺麗なお口元を目指すことができます。

前から
後ろから

裏側矯正(舌側矯正)の気になること

Q1 裏側矯正の費用はどのくらいかかるの?

ハーフリンガル

ハーフリンガル

裏側矯正には、上下とも裏側に装置を装着する【フルリンガル】と、見た目とコストのバランスを重視し、上顎の装置のみ裏側、目立たない下顎の装置は表側に装着する【ハーフリンガル】の2種類があり、費用が異なります。

Q2 裏側矯正はどれくらいの期間がかかるの?

表側矯正よりも長い期間がかかるというイメージを持たれることの多い裏側矯正ですが、表側矯正と裏側矯正で差はあまりありません。症状により、期間には個人差がございますのでぜひ一度カウンセリングをお受けください。歯並びの状態により、表側矯正の方が早い場合、反対に裏側矯正の方が早い場合もございますので、どちらの方法で治療をするかお悩みの方はご相談ください。

Q3 裏側に装置をつけたときに違和感はあるの?

いままでなにもなかったお口の中に装置が装着されるので、最初は違和感を感じます。裏側矯正の場合、特に舌に違和感を感じることが多いですが、1~2週間ほどで徐々に慣れていきます。
また、最近の矯正装置は、従来のものに比べ小型化されているため以前よりも違和感は少なくなっています。

Q4 食事や会話はしにくいの?

最初は食べにくく、会話もしづらいと感じますが、1ヶ月ほどで慣れます。

Q5 裏側矯正は子供でもできるの?

はい、できます。
思春期で目立つ矯正装置が嫌というお子様や、スポーツをやっているお子様に適しています。

裏側矯正(舌側矯正)をおすすめする理由

上記のようなお悩みが原因でなかなか矯正に踏み出せないという方も少なくありません。
裏側矯正(舌側矯正)なら見た目の問題はもちろん様々なメリットが多いのでおすすめです。

裏側矯正のメリット

  • 1矯正装置が見えない歯の裏側に矯正装置を装着するため、表からは見えません。
  • 2いち早く見た目が綺麗になる矯正装置が見えないため、表側矯正よりも早い段階で治療が完了する前でも綺麗に揃って いく歯並びを確認することができます。※治療期間には個人差があります。
  • 3矯正装置の汚れによるストレスがない 食事中に食べ物が矯正装置に挟まってしまうと人前では取ることができず、外食の際などに気になって食事が楽しめないというお悩みは矯正治療にはつきものです。裏側矯正なら矯正装置が周囲の人には見えないため、気にせずお食事を楽しむことができます。
  • 4むし歯になりにくい歯の裏側は、唾液量が多く殺菌作用のある唾液のおかげで、むし歯菌が増殖しづらいため歯みがきのしづらい矯正治療中でもむし歯になりにくいです。また、表側に比べエナメル質の層が厚く歯質が強いこともむし歯になりにくい要因のひとつです。
  • 5歯の表面を綺麗に保てる矯正装置を外す際、表側矯正の場合、気をつけていてもエナメル質に傷がつき、ヒビのようなものが入ってしまうことがございます。それに比べ歯の裏側は表側よりもエナメル質の層が厚く傷つきにくく、万が一傷がついてしまっても目立たないため、より綺麗なお口元を手に入れることができます。
  • 6前歯が出ている方への治療にも向いている歯は矯正装置がついている方に動きやすい性質を持っているため、前歯を後ろに引っ張るのには非常に向いています。装置があるため、舌を歯に押し付ける癖も改善することができます。
  • 7スポーツも安心して行えますサッカーや格闘技など、身体の接触があるスポーツやそれ以外のスポーツも装置が裏側にあるため、口の中を切ったりすることがなく安心してスポーツを行うことができます。

表側矯正

表面矯正

表側に矯正装置を装着し、治療を行う方法です。
装置は歯の表面にありますが、従来の目立つ矯正装置とは異なる、なるべく目立たない半透明の装置を使用いたします。期間は症例によりますので、ぜひ一度ご相談下さい。

表側矯正のメリット

  • 1ほとんどの症例に対応できる歴史があり、確立された治療方法なので難しい症例にも対応できます。
  • 2発音や咀嚼に影響しにくい装置が表側にあり、舌があたらないため違和感が少ないです。
  • 3矯正装置のお手入れがしやすい表側に装置があるため、汚れてしまっても清掃がしやすいです。
  • 4比較的安価症例によりますが、他の矯正治療に比べ比較的安価に行えます。

小児矯正

小児矯正

小児矯正は乳歯と永久歯が混在して生えている期間に行う治療です。

顎の発育不全は、咀嚼だけでなく滑舌や顔の形にも影響を与えます。子供のうちに成長とともに歯の生える位置を誘導し、顎の骨が正しく発育するよう促します。

主に夜、寝るときに取り外し式の装置を使用し、お子様の装置へ対するストレスを抑えつつ骨格や歯列の治療を行います。

小児矯正のメリット

  • 1痛みが少ない成人矯正は痛みを伴う場合もありますが、小児矯正は正しく成長するよう誘導して行うので無理な力がかかりません。そのため痛みが少なく治療が行えます。
  • 2矯正装置が取り外しできる夜、寝るときに矯正装置をつけてもらうので、お子様の負担が少なく済みます。
  • 3顎が正しく成長する大人になってから顎の骨を正しく整えるのは非常に困難な場合が多いですが、小児矯正では成長を利用して顎の骨を整えるため負担が少なく済みます。
  • 4咬み合わせが正しくなる全身にも影響を与える咬み合わせを幼少期から整えておくことで、身体全体から健康になります。
  • 5将来的に抜歯の可能性が低くなる永久歯が生え揃った際に、矯正が必要になった場合でも抜歯をする可能性が低くなります。
  • 6成人矯正が簡単な治療で済む可能性が高くなる永久歯が生え揃った後、それぞれの歯を並べる必要がある場合にも土台を整えておくことで、抜歯が不要になるなど簡単な治療で済む可能性が高くなります。

MTM(部分矯正)

MTM(部分矯正)

全体的に大きな問題はないが、一部のみ気になるところがある場合に行う治療です。表側矯正、裏側矯正どちらでも行うことが可能です。

※症例によってはMTMでは対応できない場合もございます。

ホワイトニング

ホワイトニング

より美しいお口元を目指して、歯を白くしませんか?
当院では、医院で施術するオフィスホワイトニングを行っております。専用の薬剤を歯に塗布し、特殊な光をあてることで歯を削ることなく歯を白くできる方法です。

裏側矯正(舌側矯正)の場合、矯正治療を行いながらホワイトニングを行うことが可能です。

口内炎治療

口内炎治療

消炎・殺菌・鎮痛・消毒・止血などの効果のある歯科用レーザーを導入しております。組織の奥深くまで影響しないため安全性も高く、麻酔の必要もありません。
そのため口内炎治療も短時間で行うことが可能です。

矯正治療をされていない患者様も是非ご来院ください。

掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます

PAGETOP